私たちの生活を便利で楽しいものにしてくれる家電 Part1

電気というものがまだなかった昔は私たちの生活には電化製品というものはありませんでした。家庭の仕事は何をするにも手作業でしていました。ですから時間と体力をとてもたくさん消費していました。ですが電気が発明されてから人々の生活は一変しました。電気によって機械を動かせるようになったことにより、様々な機械が電気で動くようになりました。家庭でも次々と電気で動く機械が開発されました。それにより家庭の仕事をどんどん機械に任せられるようになりました。洗濯機、掃除機、冷蔵庫、電子レンジと次々と家電が開発されて行きました。家庭電化製品が増えるたび人は家事による時間と体力の消費が減り、別のことに時間と体力を使えるようになりました。またその空いた時間も家庭電化製品が埋めるようになりました。テレビやゲーム機などの娯楽に使う家電もどんどん増えるようになりました。